カート
父の日

父の日 プレゼント

あなたにとって、お父さんとはどういう存在ですか?尊敬できる人であったり、心強い味方ような存在であったり。お母さんと違いコミュニケーションが不足しているお父さんに、父の日を良い機会として、普段伝えられない気持ちを伝えて欲しい…。スマートギフトでは、あなたの父の日のプレゼントをサポートするために、お父さんのことを考え抜いた父の日のプレゼントを厳選しました。じっくり考えて、今年の父の日は今まで以上の素敵な記念日にしてください。父の日の豆知識

父の日のおすすめを選ぶ

名入れ父の日

気持ちを伝えるにはやっぱりコレ!プレゼントに直接メッセージを入れて贈る名入れギフト!

名前やメッセージを入れて父の日のプレゼントをさらに素敵に演出!いつも言えない感謝の気持ちや名前を入れて、世界でたった1つの父の日ギフトを贈りましょう。毎年のことでマンネリしてきている父の日に、いつもと変わったサプライズの演出をしてみてはいかがですか?

名入れ父の日をすべて見る

お酒を父の日に贈る

お酒にごだわるお父さんへ、お酒の好みに合わせた父の日のプレゼント!

お酒は毎日少しずつ楽しむことができ、その度に喜びを感じることができるプレゼントです。どんな好みにも合わせられるように、日本酒や焼酎、シャンパンやワインなどなど、様々な種類のお酒を集めました!お父さんお酒の好みに合わせてピッタリの父の日のプレゼントを探してください。

お酒を父の日に贈るをすべて見る

酒器を父の日に贈る

いつもの晩酌がもっと素敵な時間へ… お酒を楽しむことができる父の日のプレゼント!

忙しく働いているお父さんには、ゆったりと時間が流れる晩酌は、1日の疲れを癒してくれる大切なひととき!大切な時間だから、もっと素敵に楽しんでもらいたいですよね。そんなアイデアを父の日のプレゼントにしてみてはいかがですか?酒だけでは素敵な晩酌は成立しません!いつもの晩酌も、素敵に輝くグラスひとつで味わいが変わるモノなんです。

酒器を父の日に贈るをすべて見る

グルメを父の日に贈る

父の日に美味しい笑顔を!健康に気を使うお父さんに美味しくて身体にも嬉しいプレゼント!

お父さんの好みが分からなくてどうしよう…。父の日のプレゼントに迷ったら、腹も心も満たされるグルメのプレゼントがオススメです。お酒が大好きなお父さんへは、晩酌のお供になるおつまみ!おなか周りが気になるお父さんへは、自然素材のフレッシュなドレッシングを!また、グルメがいっぱい詰まったグルメカタログギフトなどもオススメです。

グルメを父の日に贈るをすべて見る

ファッションを父の日に贈る

オシャレに敏感で、かっこいいお父さんへ贈る父の日のプレゼント!

いつも身につけられるファッションアイテムは、父の日のプレゼントに最適です。「父の日のプレゼントなんだ!」なんて、会社で自慢しているお父さんを想像できますよね。また、仕事先でファッション感覚で使えるステーショナリーや、お気に入りの時計を保管するウォッチケースなども注目アイテムです。

ファッションを父の日に贈るをすべて見る

インテリアを父の日に贈る

今年の父の日は、素敵な時間と癒しを楽しめるアイテムを父の日にプレゼント!

リビングや寝室でほっと一息!そんな癒しの時間を父の日にプレゼントしませんか?今年の一押しは、香りとやわらかな明かりを同時に楽しむことができるアロマライトが一押しアイテム!他にも、移動中の車内でも心安らげるアロマグッズなど、オシャレなインテリアアイテムをいっぱい集めました。

インテリアを父の日に贈るをすべて見る

父の日の人気ランキング

今、父の日に人気のアイテムです。父の日選びの参考にどうぞ。

父の日のおすすめ商品

父の日の商品をもっと見る

父の日の豆知識

6月第3日曜日はお父さんに感謝を表す日

父の日はアメリカが発祥で、1909年にアメリカ・ワシントン州の J.B.ドット夫人 (Mrs. John Bruce Dodd) の、父に対する思いから生まれました。ドットの父、ウイリアム・ジャクソン・スマート氏は、北軍の軍人として南北戦争(1861年~1865年)に召集されます。その間、母親が女手ひとつで一家を支え6人の子供(男5人、女1人)を育てましたが、父親の復員後、過労によってこの世を去ってしまいます。父親は、残された子供たちを男手ひとつで育てあげ、6人が成人してから他界しました。戦後の大変な時代を、再婚もせずに懸命に働いた父親の姿を見て育った子供たち。その末っ子ドットが、自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月6月に父の日礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まったそうです。

日本の父の日

日本で父の日が一般的になったのは1950年代頃とされています。近年まで、家族の中で「家長」や「男子」を尊重する思想があった日本での父の日の歴史は意外にも浅いのです。1981年には、社団法人日本メンズファッション協会を母体として『FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会』が設立されました。同委員会では父の日のテーマカラーとして"黄色"を提唱し、「父の日黄色いリボンキャンペーン」や「ベスト・ファーザー発表・授賞式」などの活動を行っています。

世界の父の日

父の日は国ごとに違い、日本と同様に6月第3日曜日なのは、アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・トルコ・チリ・シンガポール・マレーシア・香港・中国など、6月の第1日曜日はルーマニア、6月第2日曜日は、ベルギー・オーストリア、8月第2日曜日はブラジル、9月の第1日曜日はニュージーランド・オーストラリア、11月の第2日曜日はスウェーデン・フィンランドなど・・・国によって様々です。また、スイスやエジプトには母の日はあるけれど、父の日はないそうです。

父の日をオーダーしたお客さまの声

父の日に

父が眼鏡をかけているので、父の日に贈りました!
今日から、洗面所にビンセントがいますよー。