カート

名入れ焼酎

好みに合わせて様々な原料から選ぶことができる焼酎は、男性に限らず女性からの指示も多いお酒です。また、いろいろな割り方や飲み方が楽しめるので、自分の好みのスタイルを見つけて楽しめるのも魅力の一つです。ここでは、人気の芋焼酎からジャガイモ焼酎、麦焼酎などプレゼントとして贈りやすい焼酎を集めました。それぞれのボトルに名前やメッセージを入れて、サプラズ要素のある素敵な焼酎をプレゼントすることができます。女性には可憐なデザインを!お父さんには普段なかなか言えない感謝のメッセージなど!あなたの気持ちを代弁してくれる世界にたった一つだけの焼酎いかがですか?

伍升譚 [名入れじゃがいも焼酎]

美しいブルーのボトルが魅力的!北海道美瑛町産のじゃがいもから生まれた本格焼酎です。

決戦前夜 [名入れ麦焼酎]

シェリー樽五年貯蔵ならではの芳醇な香りと、マイルドで味わい深い本格麦焼酎です。

尋ね鳥 [名入れ麦焼酎]

蔵主が焼酎との会話によって息吹を肌で感じ、成長を見届けた本格麦焼酎!

天狗風 [名入れ芋焼酎]

厳選した芋と良質の米麹を使用した長期甕貯蔵原酒です。

焼酎の豆知識

焼酎とは蒸留酒の一種で、様々な原料で造られているイメージがありますが。製法や定義も定められています。大きく分けて連続式蒸留焼酎(焼酎甲類)と単式蒸留焼酎(焼酎乙類)に分類されます。政策の一環として酒税法により焼酎の酒税は安く設定されています。その為、大衆酒として広まりました。

【焼酎の分類方法】

【焼酎の歴史】

焼酎の紀元はタイから沖縄経由でもたらされたと言われています。この事から南九州での醸造が盛んです。国内で造られた記録が残っているのは16世紀に残る記録が最初で、薩摩(鹿児島)に上陸したポルトガル人が日本人が造る米焼酎を飲んでいたことが記録として残っています。18世紀頃になるとサツマイモの栽培が盛んになり、サツマイモと麹で醪(もろみ)を造りそれを発酵させ蒸留した芋焼酎が造られるようになりました。明治28年にイギリスから連続蒸留機が輸入されるまでは、国内では単式蒸留焼酎(焼酎乙類)のみに限られていました。

【単式蒸留焼酎(焼酎乙類)の種類】

【焼酎ブーム】

2003年以降、「焼酎ブーム」が起きました。日本酒(清酒)の出荷量を越えました。「焼酎バー」と呼ばれる焼酎専門店も登場。蔵元も高価格でも本格焼酎と呼ばれる味を追求した焼酎の開発を進めました。
芋焼酎の原材料となるサツマイモが全国的に不足する問題が起きたり、一部銘柄では1本数万円という値段がつけるもの出てきました。ある銘柄では偽物がでるほど。しかし、2006年以降は焼酎の総売上は減少していきました。ピーク時よりは減少傾向にはありますが、2014年度の焼酎総売上高は2,853億円以上と焼酎本来の市場の人気はまだありそうです。

名入れ焼酎の人気ランキング

今、名入れ焼酎に人気のアイテムです。名入れ焼酎選びの参考にどうぞ。

名入れ焼酎のおすすめ商品

名入れ焼酎の商品をもっと見る

名入れお酒のおすすめを選ぶ

最近チェックした商品