カート
スタッフおすすめ商品

萩焼 御本手盛鉢

萩焼 御本手盛鉢
2,500 2,700

萩焼は、古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物。その理由は、萩焼の七化けと言われるほどに使い込んでくと色調や景色が微妙に変わっていくのが萩焼の魅力の一つです。

商品 : 約Φ21.5 x H5.5cm
材質 : 陶器 (萩焼)
箱 : 約25.5 x 7.5 x 25.5 cm
MADE IN JAPAN

LINE でお問合せ

萩焼について

萩の七化けと言われるほどに、年月を経て楽しめる千変万化の面白さ。

萩焼の期限は高麗焼きで、毛利輝元が朝鮮から二人の陶工、李勺光、李敬兄弟を連れて戻ってきたことから始まりました。当時の武家社会では、茶の湯が盛んで、よい茶碗を持つことが藩の力を示すことにつながったのです。そのため毛利藩も積極的に陶工たちに茶陶をつくらせ、やがて「一楽、二萩、三唐津」と言われるほど、茶人に珍重されるようになりました。手に持ったときの柔らかい感触、ぽってりした風合いの萩焼は、使い込んでいくと色調や景色が微妙に変わっていく、いわゆる「萩の七化け」もほかにない魅力の一つです。

年月を経て楽しめる千変万化の面白さと、土味あふれるその趣から茶人に珍重された萩焼。

一覧ページへ

関連ページ

スタッフが選んだオススメ!アイテム!

最近チェックした商品