カート
スタッフおすすめ商品

京焼 乾山花小路 四方鉢

京焼 乾山花小路 四方鉢
5,000 5,400

京焼・清水焼が本格的につくりだされたのは、安土桃山時代の末からです。その後、江戸時代に入って、京焼の祖といわれる野々村仁清により、かつてない優美な、京都ならではの色絵陶器がつくられました。

商品 : 約21 x 21 x 6 cm
材質 : 陶器 (京焼・清水焼)
箱 : 約23 x 23 x 9.5 cm・約0.9kg

LINE でお問合せ

(4582287660123)

京焼について

独創的な名工たちの競演で古都に生まれた洗練された優雅さ。

京焼きは、京都の東山地域を中心とした京窯で焼かれ、茶の湯の流行を背景に発展してきました。江戸時代の野々村仁清は明るい色調の着彩、柔軟な筆使いで、華麗で雅やかな色絵陶器を世に出し、その技法は緒方乾山に受け継がれ京焼きの全盛期を迎えます。その後本格的な陶器の焼成が始まり、独自の個性を持った数々の名工たちが華麗な京都の陶磁器を開花させました。伝統を受け継ぎながら新しいものを積極的に取り入れた名工たちの姿は、今日の京焼きにも映し出されているようです。

一覧ページへ

関連ページ

スタッフが選んだオススメ!アイテム!

最近チェックした商品