カート
スタッフおすすめ商品

萩焼 茶こし付茶器揃

萩焼 茶こし付茶器揃
5,000 5,400

鉄分の少ない白地年度の素地に細かいひびが入った貫入い使い込むほど茶渋など染み込み、味わいが増し「七化け」といわれる趣のある深い色に変わっていきます。これこそが萩焼最大の特徴で、この味わいが使う人を魅了しています。

商品 : 急須 (約Φ10.5x9.5cm・350ml) x 1, 碗 (約Φ8x5.5cm・120ml) x 5
材質 : 陶器 (萩焼)
箱 : 約26.0 x 20 x 10.5 cm (約1kg)
MADE IN JAPAN

LINE でお問合せ

2-38 (4541352002381)

萩焼について

萩の七化けと言われるほどに、年月を経て楽しめる千変万化の面白さ。

萩焼の期限は高麗焼きで、毛利輝元が朝鮮から二人の陶工、李勺光、李敬兄弟を連れて戻ってきたことから始まりました。当時の武家社会では、茶の湯が盛んで、よい茶碗を持つことが藩の力を示すことにつながったのです。そのため毛利藩も積極的に陶工たちに茶陶をつくらせ、やがて「一楽、二萩、三唐津」と言われるほど、茶人に珍重されるようになりました。手に持ったときの柔らかい感触、ぽってりした風合いの萩焼は、使い込んでいくと色調や景色が微妙に変わっていく、いわゆる「萩の七化け」もほかにない魅力の一つです。

年月を経て楽しめる千変万化の面白さと、土味あふれるその趣から茶人に珍重された萩焼。

一覧ページへ

関連ページ

スタッフが選んだオススメ!アイテム!

最近チェックした商品