カート

信楽焼

愛嬌たっぷりのタヌキの置き物でも有名な信楽は日本六窯の一つ。

信楽焼の歴史は長く、瀬戸、常滑、丹波、備前、越前とともに日本の六窯の一つとされているほど。聖武天皇の紫香楽宮造営にあたって瓦を焼いたのがはじまりといわれています。そして、室町末期に侘び茶が盛んになると、これまで作っていた器が茶陶として用いられるようになり、信楽焼は全国にその名を知られるようになりました。信楽の土は、焼き締めるとほんのりとオレンジがかった緋色とよばれる独特の発色を見せるのが特徴。その素朴で温かみのある表情が人々の心をとらえるのかもしれません。

信楽焼の商品を選ぶ

信楽焼の商品をもっと見る