カート

ジバンシィ

1952年にユーベル・ド・ジバンシィがメゾンを開く。名前の通り父は公爵位を持つ貴族生まれ、「最後のクチュリエ」とも形容される正統派のクチュールデザイナー。ジバンシィといえば欠かせないのがオードリーヘップバーン。「麗しのサブリナ」「昼下がりの事情」「パリの恋人」「ティファニーで朝食を」など8作で衣装を手掛けている。2005年3月1日にイタリア人のリカルド・ティッシが就任。格調とアバンギャルドが両立したデザインを手掛けている。

ジバンシィの商品を選ぶ

ジバンシィの商品をもっと見る