カート
スタッフおすすめ商品

九谷焼 虚空蔵窯 華ゆらり赤 7号スクエアプレート

九谷焼 虚空蔵窯 華ゆらり赤 7号スクエアプレート
8,0006,400 6,912

九谷焼は、江戸時代初期、加賀の支藩だった前田利治が、現在の石川県山中町久谷で始まった古九谷を元にその後、春日山窯、吉田屋窯など多彩な窯があります。「虚空蔵窯」はその独特で存在感を感じさせる作品は、土の風合いを活かしながら九谷焼の色絵技術を取り入れた魅力ある器を作っています。
大胆な構図でありながらモダン的なデザイン。色彩豊かな絵付けが特徴のプレート皿です。

商品 : 約21 x 21 x H5 cm
材質 : 陶器 (九谷焼)
箱 : 約23 x 23 x 6 cm・約1kg
MADE IN JAPAN

LINE でお問合せ

(4523291970938)

九谷焼について

ジャパン・クタニ。海外でも高く評価される豪華絢爛な手技の美。

加賀百万石の威光を伝え続ける伝統工芸、九谷焼。その特徴は、緑・紫・黄・紺青・赤で彩色した「五彩手」をはじめとする華やかな色使い。そして、花鳥や山水、風物、古典文様などをモチーフにした大胆な構図にあります。とくに、九谷庄三が生み出した彩色金欄手という技法は、明治期には海外で「ジャパン・クタニ」とよばれるほどで、豪華絢爛なイメージを定着させました。現在の九谷焼は、普段使いの器も豊富に揃っています。

一覧ページへ

関連ページ

スタッフが選んだオススメ!アイテム!

最近チェックした商品