カート
スタッフおすすめ商品

尋ね鳥 (麦焼酎)

尋ね鳥 (麦焼酎)
2,500 2,750

古代アラビアで誕生し、それぞれの民族それぞれの風土で造られ大陸を超えてきた蒸留酒の流れを汲む麦焼酎"尋ね鳥"。伝統の技で造られた原酒を低濃度で貯蔵し熟成させました。
よく乾燥させた新樽の木目を通して呼吸し続け、歳月と共に人のこころにしみこむアロマを身につけました。蔵主が焼酎との会話によってその息吹を肌で感じ、成長を見届けた本格麦焼酎です。

原材料名 : 大麦・米麹
アルコール分 : 25%
内容量 : 720ml
製造元 : 株式会社壱岐の華

販売終了

LINE でお問合せ

(4993158225202)

"尋ね鳥" 名前の由来

~アラビアからアジア大陸を旅してきた鳥が壱岐の島に安息の羽を休め、21世紀を迎えた今、未来への希望の歌を口ずさみながら再び羽ばたいていく~
大きな使命感にあふれ、明日を信じて頑張る貴方を新しい自由な大空へ案内する"尋ね鳥"。ラベルはアジアを意識した漢字の鳥の図案、アラビア文字風の金色のアルファベットは大陸を表現しています。また、ボトルの濃いグリーンは味わいの奥深さを感じさます。

麦焼酎は壱岐が発祥の地でありますが、他地域(大分や南九州など)では戦後から大麦と麦麹を原料とした麦焼酎が造られています。それに対して壱岐の麦焼酎は麹は米麹を使用しています。 麹には発酵を促す酵素を生成する重要な役目があり、また焼酎の味を左右する大きな要素の一つでもあります。米は麦に比べて高価ですが、麹にした時にデンプン価によって焼酎に甘みを含ませ、味にふくらみを持たせます。

麦麹を使用した麦焼酎がライトですっきりと軽快さがウリなのに対して、壱岐の麦焼酎は素材の旨みを引き出した味わい深い焼酎といえるでしょう。

"尋ね鳥" 美味しさのポイント

常圧蒸留

高沸点物質の留出により、減圧蒸留に比べてその後の焼酎の香味を形成するさまざまな成分を多く含み、長期貯蔵を経て旨味に変化します。
昨今の本格焼酎と名ばかりの無味無臭の商品の存在を憂い、敢えて常圧蒸留にこだわり、焼酎本来の旨味と原料に由来する甘さを残して美味しさを引き出しました。さらに常圧特有のハードさを押さえ飲みやすさを実現できたのは、常圧一筋に苦悩、努力を重ねてきた蔵元の伝統と研究の技術の賜です。

低濃度熟成

焼酎を早い段階で低濃度に和水することにより焼酎と水の分子を融合させ、長期間にわたって両者を馴染ませることが出来ます。それにより柔らかな口当たりを実現します。

新樽を使用

シェリーやバーボンなどに使用した中古樽でなく履歴のない新樽で貯蔵。結果、品質の均一化を図るだけでなく蔵の方針である原料特性を生かしています。

ブレンド

樫樽貯蔵8年原酒3種類と白物3年原酒のブレンド。
奥深い旨味とまろやかさに爽やかな香りと口当たりが加わり、味のよさ・香りのよさ・飲みやすさを実現しています。

蔵元紹介 - 壱岐の華

大麦と米麹による伝統の製法は他の麦焼酎とは一線を画す長崎県 壱岐の麦焼酎。平成7年 "壱岐焼酎" として地理的表示の産地指定を受けています。そんな壱岐焼酎を代表する長崎県壱岐市の蔵元です。

壱岐の麦焼酎

壱岐の地形は全体的になだらかで、長崎県で2番目に広い平野もあります。江戸時代には壱岐の米は藩の財政を賄う重要な財源とされたため、重い年貢に苦しむ農民達は裏作の麦を常食とし、その余った麦から焼酎を作ったのが壱岐の麦焼酎の起源です。

麦焼酎は壱岐が発祥の地でありますが、他地域(大分や南九州など)では戦後から大麦と麦麹を原料とした麦焼酎が造られています。それに対して壱岐の麦焼酎は麹は米麹を使用しています。 麹には発酵を促す酵素を生成する重要な役目があり、また焼酎の味を左右する大きな要素の一つでもあります。米は麦に比べて高価ですが、麹にした時にデンプン価によって焼酎に甘みを含ませ、味にふくらみを持たせます。

麦麹を使用した麦焼酎がライトですっきりと軽快さがウリなのに対して、壱岐の麦焼酎は素材の旨みを引き出した味わい深い焼酎といえるでしょう。

ヨーロッパのトップシェフとソムリエによる国際的飲食品品評会 "iTQi" で2007年度の三ツ星選ばれた逸品。雑誌などで多数紹介された人気の本格麦焼酎です。
留め金式で高級感のある翡翠色のボトル、贈答用にもお勧めです。

関連ページ

スタッフが選んだオススメ!アイテム!

最近チェックした商品