カート

大倉陶園

1919年 (大正年)「良きが上にも良きものを」という大倉孫兵衛、和親父子の理念のもとに創業され、今日に至るまで美術的価値の高い磁器を作り続けています。製品は、「セーブルのブルー、オークラのホワイト」と称され、色の白さ、磁器質の硬さ、肌のなめらかさは他の追随を許さず、日本を代表する最高級の食器と評価を得ています。

大倉陶園の商品を選ぶ

大倉陶園の商品をもっと見る